蚊の種類について

意外と知らない蚊の種類と基礎知識

暑い時期につきものなのが、蚊の被害ですよね。

 

野外はもちろん、いつの間にか家の中にまで入ってくる蚊に毎年苦戦している人も多いのではないでしょうか。

 

そんな私たちの身近な存在とも言える蚊に、種類や特徴があるのはご存知ですか?それによって、警戒すべき時間帯や痒みの度合いが違ってくるんですよ。

 

ここでは意外と知られていない蚊の種類や知識について、詳しくお伝えしていきます。

 

意外と知らない蚊の知識

蚊の種類は約3000種!

蚊はなんと世界に3000種類もいることが分かっています。そのうちの約2500種は熱帯地域を中心に生息しています。

 

この全体の蚊のうち、病原体を媒介する蚊は約300種類ほど。「病原体を媒介する」とは、動物に住み着いている病気の菌を、吸血することによって人間や他の動物に移す、ということです。

 

病原体を持った動物を蚊が吸血→その蚊が人間を吸血して感染、といった流れですね。

 

日本では約100種類の蚊が確認されていますが、もちろんその中にも媒介蚊は存在しており、病原菌を持った蚊に吸血されれば病気に感染する恐れがあります。

 

全部の蚊が血を吸うわけではない

蚊は基本的に、メスだけが吸血をおこないます。皮膚から発生する二酸化炭素やにおい、体温などを察知して近寄ってきます。オスは吸血しません。花の蜜や水を吸いながら生息しています。

 

ただメスもオスもどちらも吸血しない蚊の種類も中には存在しており、吸血する蚊は全体数の3/4ほどと言われています。

 

蚊に刺されると痒くなる理由とは

蚊に刺されると痒くなるのは、アレルギー反応の一つです。実は蚊は血を吸うだけではなく、それと同時に抗凝血作用物質を含んだ唾液を注入していきます。

 

この唾液によって皮膚がアレルギー反応を起こし、一時的に強烈な痒みが発生します。

 

日本でよく見かける蚊の種類

ヒトスジシマカ

蚊というとこのヒトスジシマカを思浮かべる人が多いと思います。足が黒と白のシマシマになっている蚊です。体調4.5oほどで、他の蚊より少し小ぶりなのが特徴。

 

基本的に外にいることが多く、昼から夕方にかけて多く発生します。木陰などの暗い場所や、水のあるところでは特に多く見かけます。刺された時の痒みが強いのもヒトスジシマカの特徴です。

 

アカイエカ

家の中で多く見かけるのがアカイエカです。全体的に茶色っぽく、体長5.5oほどでヒトスジシマカよりもやや大きめなのが特徴。

 

昼間は天井や壁に張り付いていて、夕方から夜にかけて活動的になり吸血します。刺されると痒みが長引くのもアカイエカの特徴です。

 

チカイエカ

体調5.5oほどで全体的に茶色っぽく、見た目はアカイエカとほぼ同じです。

 

特徴的なのは発生する期間や場所。ヒトスジシマカやアカイエカが暑い時期のみに発生するのに対して、チカイエカは季節を選ばず年中発生します。ビルの浄化槽や地下鉄の駅など、主に地下の水域で多く見られます。

 

媒介蚊によって発症する病気

日本で最も多く見られるヒトスジシマカやアカイエカも、実は病原菌を媒介する蚊の一種です。どんな病気を媒介するのか見ていきましょう。

 

デング熱

ヒトスジシマカが病原菌を媒介することによって感染する病気です。2014年に日本での感染者が急増し、ニュースにもなりましたね。2〜7日ほど高い熱が続き、頭痛、関節痛、吐き気を伴います。解熱してから発疹が出ることも。悪化すると、血圧の低下や興奮状態、鼻などからの出血等の症状がみられる場合もあります。

 

デング熱に対する薬剤やワクチンは今のところなく、刺されないようにすることが一番の対策になります。

 

日本脳炎

アカイエカが日本脳炎ウイルスを媒介することによって感染する病気です。高熱、頭痛、嘔吐などがあり、重症化すると意識障害、麻痺、痙攣などを引き起こします。

 

刺されても発症しない人がほとんどで、発症するのは100〜1000人に一人と言われています。ただ、発症した場合の死亡率は20〜40%と高く、生存者の45〜70%が脳に後遺症が残ることが報告されていることから、厚生労働省は乳児〜小児の予防接種を推奨しています。

 

フィラリア感染症

飼っているペットにも感染症の危険性があります。フィラリア感染症は、アカイエカ、チカイエカ、ヒトスジシマカなど、多くの蚊の媒介によって起こる病気です。

 

フィラリアという寄生虫が犬や猫の心臓や動脈に寄生し、血流を妨げてさまざまな障害を引き起こします。寄生虫が成長し症状がはっきりと出るまでに数年かかることもあり、寄生されたことに気づかないケースも多いようです。

 

海外でも虫除け対策はしっかりと!

蚊の種類はここで紹介した以外にもたくさんあります。屋外でも屋内でも、しっかりと虫除け対策をしておくことが大切です。

 

また海外で媒介蚊により菌が感染し、帰国後に発症して死に至る…といった事例も少なくありません。旅行や出張先にも虫除けグッズは必ず準備していきましょう!