蚊帳について

安全で安心な虫よけ対策!蚊帳について

「さて寝よう」と思ったのに、どこからかプーンと蚊の羽音が聞こえてきて眠れない・・こんな経験はありませんか?

 

電気を点けたら音が止み、なかなか蚊のいる場所を特定できないまま、数時間が経過するなんてこともありますよね。

 

そんな不測の事態を避けるためにも、昔から日本にある虫除け対策として親しまれてきた蚊帳が改めて注目されています。今回は、蚊帳の特徴と使い方など、その素晴らしい効果について紹介していきます。

 

蚊帳とは?

蚊帳は、蚊などの害虫から身を守るための小さな網目状の網で、虫は通さないけど風は通すという利点があります。

 

古くは、古代エジプトのクレオパトラが使用していたとされ、日本には中国から伝来してきたと言われています。昭和に入り、網戸の普及により日本における蚊帳の使用者は減りましたが、現在でも全世界で普遍的に使用され続けています。

 

特に蚊によるデング熱やマラリアなどの予防・防護策として国際的に注目を集め、国際連合や世界保健機構(WHO)は積極的に普及を推進しています。

 

どうして蚊帳が改めて注目されているの?

生活環境の変化や網戸の採用、エアコンの普及などに伴って昭和後期にはほとんど使用されなくなった蚊帳ですが、最近日本でも蚊帳を使う家庭が増え始めています。

 

それは、電気も薬品も使わない虫よけ対策法であることや、エコロジーの観点、また薬品アレルギー対策としても効果的だからです。最近では、化学品を避けたいということで、エッセンシャルオイル(精油)を枕元に置いたり自身に塗ったりして対策をとっている方も増えています。

 

しかし、エッセンシャルオイルは小さいお子さんには使いづらいですし、寝起きにうっかりこぼしてしまいシミを作ってしまうことも少なくありません。その場合は、物理的に肌を守るという方法が、原始的ではありますが、最も効果が高く体にも優しいと考えられます。蚊帳は、完全にナチュラルな虫除け対策として見直され始めているのです。

蚊帳の優れている点・メリットは?

ここで改めて蚊帳のメリットについて見ていきましょう。

 

まず1つ目は、虫除け効果が高いということです。これは言うまでもありませんが、蚊帳の網目はとても細かく、蚊などの虫が侵入できないようになっています。それでいてしっかり風を通すので、少し窓を開けて涼みながら寝たいという日には夜風に当たりながら眠りにつくことができます。

 

2つ目は、安全性です。防虫剤などの薬剤を使用しないので、小さなお子さんがいる家庭でも安心して使うことができます。特にエアコンなどをかけて部屋を閉め切った状態にしている場合は、薬剤が充満するのが気になりますよね。蚊帳は、空気を汚すことがないので安心です。

 

3つ目は、電気代などがかからないので、経済的です。電池式や充電式など多くの虫よけ剤が売られていますが、夜中にずっと点けたままにしておくことに抵抗がある方もいますよね。蚊帳は、一度購入すれば破れない限りくり返し使うことができ、旅行先などにも持っていくことができるので長く重宝します。

 

4つ目は、蚊だけでなく、他の虫よけにもなるということです。田舎の方にお住まいの方などは、蚊だけでなくムカデなどの虫に悩まされることがあります。特定の虫にだけ効く防虫剤とは異なり、蚊帳は様々な虫の侵入を防ぐことができますので、蚊以外の虫に悩まれている方にもおすすめです。

 

5つ目は手間が少ないということです。最近では、ワンタッチで設置できるタイプのものなどが多く売られていますので、お子さんや女性でも簡単に設置することができます。

 

蚊帳のタイプ

蚊帳には、ワンタッチで開くタイプと吊り下げタイプに大別できます。

 

ワンタッチタイプ

ワイヤーで自動的に直立し、形が整うタイプです。キャンプの時に使用するテントにも同様のタイプが増えており、お子さんや女性でも楽に設置ができます。

 

収納もワイヤーを手順どおりに折りたたむだけなので、簡単にコンパクトになります。また、布が上から垂れ下がってこないので、上向きに横たわったときに圧迫感を感じることが少ないです。

 

吊り下げタイプのように、壁に穴を開ける必要がなく、賃貸住宅などでも気軽に使用することができます。このタイプの多くは底面までネットが敷かれているので、ムカデなど這う虫の侵入も防ぐことが出来ます。

 

吊り下げタイプ

吊り下げタイプは、伝統的な蚊帳の形で、長押(なげし)のくぼみにフックをかけて使用したり、長押に鉤を打ち付けておき、輪っかになった釣り具をかけたりして使います。

 

ワンタッチタイプにはない広さまでカバーできるので、複数人が同じ蚊帳で寝る場合は経済的です。また、下部を持ち上げて中に入るため、ジッパーを開け閉めする手間が省けます。

 

こちらの場合は、底面前面にネットがあるタイプと無いタイプに分かれます。底面前面にネットが無い場合には、布団やマットレスに挟み込むようにして使用することで、虫の侵入を防ぐことができます。掃除も簡易で、蚊帳をしまう際にもコンパクトになります。

 

蚊帳を使ってナチュラルな虫除け対策を

虫除け対策と言えば、ディートやピレスロイドなど化学成分の力を借りたものが多いですが、蚊帳は化学成分の力を使わないナチュラルな虫除け対策です。

 

もちろん人にもよりますが、子供に蚊帳を使うと秘密基地感覚で楽しんでくれる事も。

 

今年の夏は、蚊帳を使ったナチュラルな虫除け対策に取り組んでみるのもおすすめです。